FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

dichotomy

モノ

トリ
テトラ
ペンタ
ヘキサ
...

その ジdi は別の形ではdikkoとなる...!?

らしく,anatomy のtomy (cutting)とあわせて

dichotomyとなるらしいで\

「一刀両断」

a rigid dichotomy between science and mysticism(NOAD)
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

分野としては統計力学です。

平衡状態は厳密に考えると成立するか。
コップの中の水を具体例として考え、水が温度Tの平衡状態にあるためにはどのような条件が必要か述べよ。

考えてみてください。

Re: 分野としては統計力学です。

固相とか超臨界相がでてくると面倒なので気液平衡ということにしましょうかね。
そして水は十分量入っていると。
コップの置かれている部屋がちゃんと閉じていればいいじゃない?
蒸気圧になるまで蒸発して平衡になれますね。
「厳密に」考えるのであればそうじゃないって?
部屋が大きすぎて水が蒸発し切っちゃうとかじゃなくて,
巨視的振る舞いを考えられないほど
水の量が少なければ,(コップの中の水分子が1000分子くらいとか)
気液平衡も何もないじゃないかって言いたくなるのは
わかるんだけど,
それじゃあ統計力学の意味がないじゃない...

そうですね。外部環境を一定に保つのが条件ですね。
ただ、本当の孤立系が現実で作れるかといえば無理ですね。
平衡状態は相対的な量で、長い時間でみると成り立たないけれども短い時間でみたら成り立つ近似的なものです。
コップやそれをのせている机もいずれ壊れてしまいますしね。
生体分子の統計力学入門 タンパク質の動きを理解するために
という本にあります。
それでは失礼。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。