スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EZ記法

幾何異性体の表示をするのにEZ表示を使いますよね。

Eは順位が高い奴がトランスしてるとき,
Zは順位が高い奴がシスしてるときですよね。

って

ゆうのがなんか意味付けしておぼえらんないかしらと思ってたんですが

まあ

語源

調べますよね。

EもZもドイツ語の頭文字で

Eはentgegen(=against)の,Zはzusammen(=of the same side) の頭文字だそうです。
それぞれの語源ですが・・・

entgegenは,againstと響きが似ていることからも分かる通り語源一緒らしく。on(接触)+gegen(=against)

まあこっちはよかろう。

zusammenはzu-(方向) + samah(Sanskrit) (=同じ)

なんでサンスクリット・・・

謎多し。しかも「同じ」側にあるからシス,つまりZ型なのに,頭文字のZには「同じ」の意味が入ってない。samahから一文字も入らない。

うむ。

うーむ。

悩んでも仕方がない。

ちゃんちゃん。

てかentgegenも「逆」の意味が入るのは後半のgegenの部分だからこっちの頭文字のEにも「逆」の意味がこもっていないのね。

ひゅえー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。