スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Book Review : One Click: Jeff Bezos and the Rise of Amazon.com

しばらく体調を崩しておりまして。

ぼーっと本をよんでおりました。

まー、洋書を身長まで読む企画を4月にはじめて、まだ30cmに到達していないからいつになったら身長までつみあがるのかしら。

学校の英語の教材とかはA3版の用紙に目いっぱい細かい字で印刷されてるから、ほんとは本の高さに直したらもっとつみがってるのかもしれんけどね。

つーんで。Book Review.


One Click: Jeff Bezos and the Rise of Amazon.com

今回はこの本。


内容

amazonがいかにして大きくなったか。

amazonとbezosの歴史。 kindle発売までかいてあったなり。


評価

50点!(ふつうにおもしろい。)

(あ、はい。評価基準を一応書いときます。

0点 ひどい。本じゃない。よまなきゃよかった。
20点 嫌い。でも英語の勉強にはなるから許す。
40点 ふつう。及第点。
50点 ふつうにおもろい。
60点 結構おもろい。
70点 かなりおもろい。人に薦めたい。
80点 すごくおもしろい。人に絶対薦めたい。
90点 本当に読んでよかったと思う。
100点 おいらの人生変えてくれたよ・・・まじありがとう)

厚さ

(Paperback) 1.5cm

コメント

いや、ふつうにおもろいです。

コメントいくつか。

まず、プロローグも何もなくいきなりChapter 1。

結構びびる。

でもまとめは結構うまくて、成功のために何が必要か、っていうamazon流の結論を著者が的確に言ってる気がする。

2つめですか。

はい。Bezosへのインタビューはないです。ないです。ないです。

それを期待しているならむだです。

何回か前のカンブリア宮殿で村上龍がBezosにインタビューしてるやつを見てください。

まあ、それでもおもろいですけど。

3つめ。

途中、amazon対一般書店、という構図をえがきだしてます。

僕がこの本を、amazonの本を、紀伊国屋で買ったというのはなんという皮肉。

はい。というわけでコメントをつらつら書きました。
英語のレベルもふつうですし、ふつうにおもろかったので、よかったと思います・・・?

追記。

ええ、こうやってBook review を書いてamazonにリンクしておいて、アフィリエイトで稼いでる人たちがいるんですよね。

僕が貼るリンクはアフィリエイトでもなんでもないのでべつにお金ははいってこないですけどね。

ただ、本を買って、その採算がアフィリエイトでとれるかっていうと、とれないですよね・・・。とくにこの本結構高いし。

図書館でかりて、reviewかいて、ちょっと100円くらい入ったらラッキー、っていう商売なんですかね、ああいうのって。


はい。amazonへのリンクです。 
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。